ホームページ

東京都江戸川区を拠点に活動する自由参加型のサークル。自由気ままで純粋にサッカーやフットサルを楽しみながら学校や所属クラブチームの垣根を超えて友達の輪を広げていける、がコンセプトのサークルです。

スタッフブログ 3月

【上下関係】

これもたまたま自分が関わっている地域に限定したことなのかもしれませんが、最近の子供たちのサッカーを見ていますと、上級生と下級生間の上下関係が、私たちが小学生、あるいは中学生だったころと比べて随分緩くなってきているように感じることがあります。

例えば小学生の場合は下級生が上級生の名前を呼び捨てで呼んでみたり、中学生の部活動では先輩が後輩に君づけをして呼ぶ、なんて姿を目にすることがあります。自分が中学生の頃にもし先輩に敬語を使わなかったら「お前何ため口きいてんだ!」なんて必ず注意されたものでした。

上級生を呼び捨てなんていうと下級生が生意気になってきているようにとられてしまいますが、そうではなくより上下関係の壁がなくなりよりフレンドリーになってきているのではないか?と思います。例えばアメリカでは入社したばかりの若手社員でも企業の社長や重役をHey Mike!、Tom!、といったように敬称をつけずに呼んだりしています。私が初めて仕事で海外に行った時にこういったフレンドリーな感覚でお互いを呼び合うシーンを目にし、とても新鮮で気持ちのいい印象を持ったのを覚えています。一方日本のビジネスの世界ではいまだに伝統的な上下関係が根強く残っていて、同じ社内や数歳年上の先輩にも丁寧語、尊敬語を使ってコミュニケーションをとる光景を目にします。

今の小学生、中学生は、地域差はあるとは思いますがこの上下関係の壁が昔と比べて確実に小さくなってきていると感じます。むろんいい意味で、です。下級生が上級生にフランクに接しても上級生は怒らず、親近感を持って笑って接しているような姿を目にすると、日本もいい意味で変わってきているな、と思えることがあります。